FC2ブログ






落日の熊谷~熊谷純愛学院編~

最近。ブログの更新をさぼりにさぼっていたのですが・・・

アメブロ様。また、パワーupしてますねぇ。

私の記事も、”ふさわしくない”ものが多くあるようで、全く読めません。

私もアホではないので、”民放ラジオで放送出来るくらい”の記事を書いているつもりなんですけどね。

 

で、以前にもご紹介したとは思うですが・・・

ライブドアでも同じ記事が読めますので、ここでダメだったらそちらへどうぞ。

(そこまでして読む内容はナイヨウ)

 

ダジャレでしょうか・・・いいえ、誰でも。

 

 

ハイ。世の中大変です。

震災&東電については言いたい事も山々ですけど・・・

私のブログにそんな事は必要ないんで、今回はイメクラのお話です。

 

”熱いぞ!!熊谷!!”

そう。本当に熱い時期がありました。

熊谷のイメクラ・・・という名の”箱ヘル”

ごく最近、復活したお店もあるのですが・・・

昨年末に人気店はバタバタと閉店に追い込まれてしまいました。

 

『熊谷純愛学院』

今や、店のHPも無くなってしまったのですが、正統派イメクラ店。

責めメイン。交互。受身メイン。

とざっくり3タイプからコースを選べます。

シャワー室にはゴールドに輝くベースケ椅子。

プレイルームには昔懐かしい、教室備え付けの椅子&机。

価格は60分。13000円。指名料は¥2000.

 

指名したのは『ゆず譲』

無くなったお店とは言え、女の子の事をとやかく書く事は無粋かと思うのですが・・・

今回はお許しください。

顔は千秋(章造師匠の元嫁)をちょっと可愛くした感じ。

ボディは大林素子(吉本びいきの元バレーボーラーです)

いやぁ~~~、説明しやすい!!!

 

ホント・・・今回の譲の説明はドンピシャだと思うんですよねぇ。

 

 

プレイについてですが・・・

この時、このお店に行った大きな理由としては、(久しぶりに女の子に触りたい!!)

(密壺を堪能したい!)だったんです。

だから、責め:受け=8:2のコースを選びました。

間違わないでください。私が”8”です。”責め方”です。

そうです。あわよくば、イカせてやろうと!!もっと、言うと、吹かせてやろうと!!!

(どちらも経験ないんですけどね)

 

受付。結構、大きめな待合室でポツンと待機。

店員の案内で呼ばれ、ルームに。

コスプレ姿のゆず譲。

挨拶も早々に脱衣。彼女もコスプレを脱衣。

 

「シャワー行きまーす♪」

 

小さなシャワールームです。私が中、女の子の身体は半分外です。

この時点で自分なりにギンギンです。(年のせいかカメ頭はややうな垂れてるんですけど)

今回は”自称責め師”ですからね。

殆ど会話は無いですけど・・・自分としてはそれを勝手に”男気”と認識です。

ベースケ椅子に大股開きでドーーンっと腰かけます。

彼女が作ったアワアワを身体に優しくヌリヌリしてくれます。

そして・・・下半身、また下からアニャル、門渡り、ふぐり・・・

 

「ん・・・・・・・ぁ・・・・アン・・・・」

漏れる吐息。←モチ、私の。

彼女のダイナマイトボディに身体を埋めます。

「あ・・あ・・・んん・・・アぅ・・・・ぅぅ」

 

ピピッゃちゃゃっ、チャチャっチャっとアニャルさん辺りを激しく責め立ててきます。

彼女がすっと身体を後ろにそらし・・・

 

ちょっと、覚めた声で

「ねぇ・・・Mなの??」

「え・・・あ・・・あぁ・・・責められるのも嫌いじゃないかな・・・」

(完全にハッタリですけど、今回のテーマは”責め”ですから)

「そうなんだ・・・ふ~~~ん。Mっぽいけどね・・・」

「あぁ~~~声、高いんですよ。僕」

「そういう事じゃなくて!!ま、いいけど」

「ハハハ・・・」

 

そして、その場で今度は尺八です。

ジュブっっパ、ジュパジュパッパ・・・

「あ・・・い・・・イキます!!」

ジュパ♪

下から悪戯っぽい視線。いや・・・見下すような眼差し。

「じゃ、ルーム戻りましょう」

「あ・・・はいはい」

 

ルームに戻り。

「コスプレ??どうします??」

「え???どうするって??」

「もう一度、着た方が良いですか?」

「あーーー、着てくれるの?じゃ、着て!!」

 

 

そこから・・・

 

 

これから・・・

 

私の独壇場でした!!!

 

 

フフフ。。。

 

 

 

終わりのシャワー。

「もぉ~~~~調子狂うなぁ~~~」

「なんで、最初に言わなかったの~~~」

「途中で変わるの、難しいし、恥ずかしんだからね!!!」

 

「すいません・・・」

 

M男として、完全燃焼させて頂きました。

 

車で行ける最良の店となりましたが・・・。

残念な事にもう、行く事は出来ません。

 

読了感謝。

 

スポンサーサイト
[PR]

[ 2011/03/24 15:14 ] 性感&その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyakuhunnsya.blog.fc2.com/tb.php/182-83ef605a