FC2ブログ






スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

高崎・ゼブラ (旧・Pink☆ZEBRA) 

今回、突撃したお店はこちら☆ZEBRA☆

少し前まではピンク・ゼブラでした。(私からしたら、どうでもいいです)


場所は・・・地元の人間なら簡単に説明できるのですが・・・

(まぁ、興味がある人は地図で確認してください)


大通りの一本裏なので店は大変、入店しやすいです。

駐車場が無いのですが・・・店員曰く「路駐で大丈夫ですよ」「か、あとセブンにでも」

って言ってます・・・(そういう事じゃないんだよなぁ~)と思うのですが・・・ま、大丈夫なんでしょう。

女の子の車も、客の車もその様に止まってます。

(ちょっとした工場街を思い浮かべてもらうと良いかもしれません。近くにコインパーキングなどは無しです)


建物は非常にキレイです。(因みに、トイレも良く掃除されていてキレイです)

入口は一つ。

扉を開けると、3畳ほどの空間、そこにソファが置かれいます。天井には14インチくらいのモニターが2機。

そして、店員がドカっと座っています。

そこが受付&待合。(ちょっとしたマンガ、おしぼり、アルコール、爪切り、ヤスリ)などが置かれています。


「いらっしゃいませ」

「あ、どうも」

「指名とか、ありますか??」


まだ、若い、二十歳そこそこ兄ちゃんが対応します。

若い頃の安岡力也ばりのコワモテと体格ですが・・・割に、対応は良いです。


「リナリーさんて・・・今日は、出勤は?」

「あぁ、してますよ」

「待ちますか??」

「今、ついてるんで、5~10分くらい・・・ですかね??」


「HP見て、来たんですよ。”サービスが良い”で」

「あぁ~、そうですね。お客さん、次第ですよ」


やっぱり、意外にいいヤツです。

完全に表情に”止めとけ!!”と出ちゃってます。


「あ・・・あんまり、おススメじゃない??」

「いや、お客さん次第なんで・・・好み、いろいろですから」

「ハハハ・・・そだね。じゃ、リナリーさんでいいや。指名。20分で」



紙コップに注がれたウーロン茶を出され、しばし待ちます。

(爪のチェックとかも無かったし、細かな説明とかも無かったです)


ガラガラと引き戸を開けられフロアへ。


(あぁ~~~~~この感じ。この感じ。。。)


大きなフロア。建物の外観通りと言うか、ちょっとした倉庫の様な感じです。

正面の壁に向かい、センターから二列、5~6席のソファが並びます。

全部で10~12くらいでしょうか??


薄暗い中、見回すと、客はゼロ。

時間が時間(16時30分)って事もあるのでしょう?

目を凝らすと、正面の壁に向かってプロジェクターで何かを写しているようですが、見えません。

その正面。一番前の席に案内されます。


(あぁ~~~この、安い、卑猥な感覚。コレね。そうそう、コレ。。。)


ミラーボールのようなチカチカ照明は少なく、時間によってなのか、ただ薄暗いだけって感じです。

音楽も入店当初は鳴っていましたが、直ぐに静かになってしまいました。

音楽。音は客の入りによって変えるとは思いますが・・・あれじゃ、会話も声もまる聞こえだと思います。



程なく、リナリーさん登場です。

(リナリーさんはココでの名前です。源氏名ではありません)


「こんにちは。リナリーですぅ」

「今日は、指名してくれてありがとねぇ」


正直、顔、見えません。暗くて。

ウッスラ見えますけど・・・髪で隠す様な感じなんで・・・

(あぁ~暗くてよく見えないやぁ~、ま、だから、どうでもいいやぁ~)と。

いやぁ~~~、老いましたね。私。

と、いうか堕ちましたね。そんな”割り切り”が簡単に出来てしまいます。


しかし・・・よく見えなかった。

街で会っても絶対分からないでしょうね。

プラスに考えればパフュームの痛い感じの人(あーちゃんですか?)っぽいし。

マイナスに考えればジャガー横田ですね。

ま、容姿はそんな感じだったと思います。




すみません。

長くなったので・・・また、次回に。



スポンサーサイト
[PR]

[PR]

[ 2010/11/08 17:24 ] 性感&その他 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://gyakuhunnsya.blog.fc2.com/tb.php/171-f9dcdd50








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。